早漏の原因

早漏の原因とは?

早漏の原因としてあげられるものはいくつかあり、
大きく分けると肉体的なもの精神的なものがあげられます。

 

肉体的なものは神経や粘膜の過敏な反応や
射精機能の低下、加齢などがあげられます。

 

肉体的なものが原因で早漏に悩むほとんどの人が
皮膚や粘膜による過敏な反応であると考えられます。

 

性行為に慣れてない卒業する際にこれらは起きるものですので、
慣れれば克服すると言う人も多いのですが、

 

その後も早漏が続くようであればこれは早漏克服トレーニングが必要となる
場合もあります。

 

よくある、刺激に慣れていないから、ドライヤーを当てる、お湯につけるという方法は
正直あまり効果はないと思います。
(もし仮性、真性包茎であれば多少はマシになるかと思うのですが・・・)

 

基本は自慰行為の際に、射精前に止めたりすることの方がいいですね。
また、早漏は体の構造上、体位によってもイキにくくするなどが可能です。

 

肉体的な早漏は意外と改善可能ですので詳しくは早漏克服トレーニングの章を参考にしてください。

 

精神的な早漏について

早漏の原因として精神的な原因があります、

 

私もそうでしたが過度なストレスや
極度の緊張、興奮などによるものが挙げられます。

 

男性機能は精神的なものと直結しているためこういうことが起きてしまうのです。

 

よくある「突然早漏になった」という話は精神的なものによるものが原因として
考えられます。

 

精神的な早漏については、精神状態が回復すれば問題ないのですが、
しばらく続くようであれば精神科に相談することもオススメします。

 

ただ、抗うつ剤などを飲んでいる場合にも
早漏や遅漏、インポになる場合もあります。

 

普段から心の健康を心がけるようにしましょう。

 

早漏克服法