バイアグラで早漏は克服できるか?

バイアグラで早漏は克服できるか?

よく言われることですがバイアグラで早漏は克服できるか?

 

ということです。

 

経験段ですが、バイアグラを使用した場合早漏はありませんでした。

 

私の場合は向精神薬を使って一時インポ(ED)になってしまったこともあり、
バイアグラの使用にはそれほど抵抗はありませんでした。
(このままだと子供すらできなくなってしまうので・・・)

 

そこでバイアグラを購入して使用したのですが、最初当然すさまじいくらい元気になり、
「さすがにこんなに元気ではすぐに発射してしまうのでは?」

 

という考えがすぐ思い浮かんだのですが、その心配はありませんでした。

 

実際にバイアグラを使用してみるとわかるのですが、鈍感になってるというよりも
患部に血流が行き、かなり持続しました。

 

というより若干遅漏気味になったほどです。

 

また、発射後についても継続してできるのでバイアグラを使用した場合については早漏の心配はほぼないかと思います。

 

バイアグラのデメリット

ほぼ完ぺきなバイアグラですがやはりデメリットがあります。
それはなんといっても国内で簡単に入手できないことです。

 

バイアグラは医薬品であるために、基本的には医師の診断により病院にて処方されます。

 

また保険も適用されないので、非常に高価になります(一錠2000円前後)
診察料に加えてこのバイアグラの価格がかかってくるのでバカになりません。

 

病院へ相談しにいくのもかなり恥ずかしかったのを覚えています。

 

そこで最近利用してるのがネット通販でのバイアグラ購入です。

 

厳密にいうと通販でのバイアグラは国内では許可されていませんので海外からの輸入することになるのですが、
この場合輸入を代行してくれる輸入代行業者によって国内での通販と同じように気軽に格安で購入することができます。

 

ただし、あくまでバイアグラは医薬品であり、もともとは血圧の薬として開発された経緯もあるために
一度は病院などで医師に診察してもらってから購入することをおすすめします。

 

 

また、バイアグラのジェネリックもおすすめです。

 

バイアグラのジェネリック医薬品とは?

 

最近私がバイアグラの代わりに購入し始めたのがカマグラなどのバイアグラのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品というと偽物などのイメージがある方が多いかもしれませんが、

 

実は薬には特許が存在します。

 

薬は開発元が研究費などをかけて開発したものであるために、製法、成分を真似して別の製薬会社が作れないような特許があるわけです。

 

この特許権が切れたもの、適用されない国などで作られたものがジェネリック医薬品となります。

 

基本的には成分はほぼ同じであり最近はこちらを購入する人も増えています。